Broadcasting Studio Brighten Inter BEE 2018向けLianTronics LEDディスプレイソリューション

Inter BEE 2018は、2018年11月14〜16日に千葉市幕張メッセで盛大に開催されました。InterBEEは、53年に渡って開催された日本で唯一のプロの放送およびテレビ展です。今年、LianTronicsは展示していました VA1.2 そして VL1.9 HDRテクノロジーを備えたファインピッチLEDビデオウォール、および RE 2S レンタル市場向けのLEDスクリーン。  


 

 
LianTronics VAシリーズのファインピッチLEDディスプレイは、完全に機能し、費用対効果に優れています。ショーでは、HDR(ハイダイナミックレンジ)テクノロジーを取得したVA1.2(PH1.2mm)LEDスクリーンが鮮やかなディスプレイ性能ですべての目を引きました。一般的なLEDディスプレイと比較して、HDRテクノロジーを備えたビデオウォールでは、ディスプレイのパフォーマンスが飛躍的に向上します。

 
一方、LianTronicsのもう1つのスター製品VLシリーズ(PH1.9mm)は、出席者にも素晴らしいディスプレイ効果をもたらしました。 VLシリーズは、NTSC放送レベルの色域と調整可能なインテリジェントな色温度を取得しています。 LianTronicsは、中国周辺の業界で初めてCNC機械ラインとワークショップを所有しています。 V-Smoothテクノロジーを使用すると、各パネルが認定された金型処理を採用し、無限のアプローチでエラーを減らして暗線をなくすことが保証されます。さらに、VLシリーズで採用されている集中型電源は、各パネルの独立した電源の従来の設計を、強い電流のない設計に変更しました。独自の設計により、高い変換率とより大きな熱放散により30%の電力消費を節約できます。

 
その上、RE2Sシリーズ(PH2.6mm)レンタルLEDディスプレイも大きな拍手を受けています。迅速な設置と便利なメンテナンスは、レンタルLEDディスプレイの必須要件です。したがって、LianTronics REシリーズは、半自動ロック、モジュールハンドル、各モジュールに10個の磁石を備えています。一方で、レンタルLEDディスプレイは数百回の使用を上回るため、REシリーズは耐用設計と保護カバーを取得して寿命を延ばします。

 
Inter BEE 2018は終了し、放送業界向けのLianTronics LEDディスプレイソリューションは顧客に深い印象を残しました。さらに、LianTronicsは日本のお客様との長期的なWin-Winコラボレーションを確立し、日本およびAPACでのブランド認知度を拡大しました。
このポストを共有する:

お問い合わせ

本社住所:
Liantronics Blg .、Antongda工業地帯、第3のLiuxian通、68ブロックBaoan、深セン、中国
Factory Address:
東第一ロード、西技術公園、ダヤ湾経済開発区、ホイチョウ、中国
米国子会社の住所:
Liantronics 3140 ポラリスアベニュー、スイート#21、ラスベガス、ネバダ州89102